メガネッコノリス号 

ゲームやら、競馬やら

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本ダービー 
ダービーです。東京優駿です。
てことで2日がんばって書いてみよう。

まず前哨戦をふりかえる。


  


・皐月賞

確かにアンライバルドは強かった。しかし、1~6着まで後ろからしかも外を回した馬で独占したことを考えれば上位の実質の力量は見た目よりは割引しないといけない気がします。

まずパトロールで見た馬場の見た目は内3頭分ぐらいは結構荒れてるんですよね。3,4角だともっと幅が広いでしょう。上位陣はこの外を回ってます。もちろん流れがはやかったのも確か、向こう正面で4頭が並んで蹴りあってたぐらいですから相当消耗があったと思います。4角でぱったり止まりましたもんね。

そういえば・・・、これと同じようなの最近見たきがするぞ・・・。


と、勝手に思ったのが2008有馬記念、1着の化け物は別としてだね。
この時も枯れ気味の芝で少し内荒、そして激しい先行蹴りあい。決着はまだみんな覚えてるはず。

2,3,4着まで後ろからで同じくやや外気味を通って。2、3の着差は1 3/4。最初からダスカと蹴りあったアサクサは最後着。さすがに古馬戦だけに大崩したのは少なかったですね。

で、モナークをこれ見ただけで評価してよいか?次走で中途半端に終わりましたけどね。(強い馬だよ!)


要するに展開がはまりすぎたという点が気になるということ。潰れた先行勢の復活もありうると。




・青葉賞

内容は平凡すぎ。タイムはまぁまぁと考えれば相手関係なく先行で粘りきったマッハヴェロシティは評価できる。


アプレザンレーヴは4角で置かれてるのを見ると典型的な大型馬のズブさがあると思います。道中は中団外、外枠発走を考えると仕方がないのですが騎手はもう少し前にいきたかったのではと思いたい。

本番は内枠からなので思い切って前行くほうがこの馬の持ち味が出る気がする。直線一気だと決め手が弱い。



プリンシパルS

全体的に地味というか、これといって感想ないというか・・・。
タイムは結構いいと思うけど、ここでいっぱいっぱい追ってる気がする。

プリンシパル組が関わることってめったにないんだよね。


NHKマイルC

完全にスプリント戦の流れ。ジョーはそれにはまったし、3着も同様。今年は内いっぱいまで走れたという点も向いたかな。


むしろ流れにおいてかれた有力差し馬の復活をどう見るか。不利もあったしなぁ。
アイアンルックはまた外回し?同じ位置からだと強い馬がいるだけに苦しいかなぁ。



というとで、もう1日考えてみるぞ

スポンサーサイト

コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://dolnoriss.blog60.fc2.com/tb.php/15-4ddda1b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。