メガネッコノリス号 

ゲームやら、競馬やら

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宝塚記念 感想


書こうと思って挫折その繰り返し。土、日とか新聞読んで一杯です。


さて、宝塚記念・・・。



メガワン、ドリジャ、アルナスの3頭中心て組んで買って、とりあえず獲りました。
全然儲けなかったがな、自信なかったので参加料だけって感じでした。




ドリジャ、メガワンは自分の競馬できっちりと。決め手はあるけどはまらないと勝てないってのがあるタイプですが、両馬ともここ最近融通が利くようになりましたね。

乗り替わりなしで、手が慣れてきてるってのが共通してる部分でしょう。

アルナスはなんで前に行かなかったんだろう。ずぶいんだから有力馬マークとか器用なこと無理なのにね。決め手はゆるいけど総合力はあるんだから自分の流れでいけばよかったのに・・。
最後、コース塞がったのはしょうがないけどほとんど追わずに上位まで来てるし、もう1歩だよなぁ。




で、肝心のディープスカイ。

力はあると思いますよ。勝負根性がないってわけでもないと思う。最後までよく走ってる。
乗り手の動きが全然合ってない気がするけどね。

四位が下手なわけじゃない。ただ、四位は元々勝負駆け意識の強いタイプだと思う。オークスのレッドディザイアのように瞬発力があって器用なタイプだと一発を狙えると思う。プスカの場合どうもがつん!と入るとダメなよう気が・・・


って思ったのが安田記念。
間あいたとこをぐいっと入って前に出たけど、残り1Fよれよれ。ウォッカのコース塞ぎに行ったとも見えるけど、あれは馬がもたなかっただけじゃないかと思ったんです。僕はね。

宝塚は阪神内回りなので3角すぎてからがつんとみんな動くんですよね。
普段なら馬なりでおっつけるはずなのにとか言ってましたがこんなもんでしょう。急な動きに対応できなかっただけだと思います。

阪神2勝は外回り、大阪杯はG2だったので3角からの蹴りあいは緩めだったことを考えればまだ勝負できた。


と考えればここはかなり不利になるかなと思いました。




調教師もいつかのインタビューで認めてたけど、基本的には反応が鈍いタイプなんですよね。
位置がどうのこうのより息の溜めがいる動きをしないこと、安藤勝がうまいよね。こういうタイプ。

中位からならダメジャーのような、前ならダスカのような。そんなイメージが湧いてきます。

タキオン産駒の大型馬って結構このタイプが多いような気がします。
総合力、レースをトータルで見たときのスピードでは抜群なので決め手一発にこだわる必要はないような気がしますよ。


秋は東京なのでもう少しプラスで見ていいと思います。

スポンサーサイト

コメント投稿
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
http://dolnoriss.blog60.fc2.com/tb.php/17-c19826d7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。